これも親戚など遠い人になったのかこの様な時になるとは

最近は墓の管理ができなくなっていまして納骨堂に収める人が多くなったがここも費用がいる事で終活活動には問題が多いと言うが先日ですがある有名な選手の墓を閉めて一緒にしたと言う話題があったと言うが実は私には深い事があるのでそうなのかなぁと思っている所もある。

それが沢村栄治と言いまして彼は中等野球(現在の高校野球)時代から活躍をして戦前には全日本の最年少としてメンバーとして活躍をしてベーブルースなどに相手に投げた投手で後に巨人軍の結成してメンバーとして入団して活躍をしていたが2度の出兵をして復帰したがこの影響となったのか肩のけがなど投げられない状態となった事で巨人軍から退団となったがその後、三度目の出兵をして船の移動中にアメリカ軍の攻撃で船が沈没して戦死した。

この様な事で墓もボールを型どった墓にしていが巨人軍の監督や選手関係者などいろんな人が墓に訪れたと言うが親族なども亡くなり住んでいる所も遠くなった事で墓じまいという事になったがこうした伊勢市でオープン戦でありながら試合もした事も出来た事となってこの様な事をする事になった。

法要など済ませてから墓じまいが始まったと言うが他の親族の所に移動するのでこの様な事になったがボールをかたどった箱石は商店街に移動して記念碑になるという事になるがこの様な墓が消えると記憶から消えていくという事もあるのでどうなるのか心配をしているという事もあるがこれでも親族がいない分この様な事になるのはどうなのかとちょっと考える事もあるという事になる。

今回の件ではこの様な事で墓じまいとなったが現在この様な事を考える人が多く納骨堂に移す人もいる事で墓をどうするのか考えられると思っているのです。生活費 借りる

これも親戚など遠い人になったのかこの様な時になるとは